今が株を始めるチャンスです。基本的な知識を付ければ株は怖くない!

システムトレードについて

システムトレード

システムトレードは、平日の昼間はフルタイムで勤務するサラリーマンにオススメのトレード手法です。国内株式の取引は平日の昼間に行われますが、その時間の別の仕事をしているのであれば参加できません。仕事の合間にパソコン操作をするというツワモノもいるかもしれませんが、パソコンに噛り付いてトレードしている人でさえなかなかコンスタントに利益を上げることは難しいトレード世界では、仕事の片手間で結果を出せるような方はほんの一握りではないでしょうか。ここでは、別の仕事をしながらしっかり結果につなげることができるシステムトレードについておさらいしていきましょう。

 

システムトレードのメリット

特に株式トレードの初心者ほど、昼間は別の仕事を持ちながら兼業で行うことがほとんどだと思います。兼業で行うことは、トレード効率が上がらないということはもちろん、取引に集中できずトレーダーとしての成長を妨げてしまうというデメリットがあります。また、取引中は結果が気になってしまうものですから、日中の仕事にも影響をきたしてしまうかもしれません。それだけ、日中の仕事との兼業はリスクが大きいのです。

 

では、それぞれの仕事に集中できるトレード方法はないのでしょうか? そこでオススメしたいのが「システムトレード」なのです。

 

システムトレードは、銘柄選択や売買への参加〜約定まで、予め全て機械的に行えるようにコンピューター上に組み込んでおくトレード方法です。これなら来るべきタイミングを待って参入〜利食いを行うところまで、全て無人で行うことができます。チャートとにらめっこしていちいちヤキモキすることもありませんから、穏やかな気持ちで別の仕事をすることもできます。このような手法で別の仕事と株式トレードの両立を成功させている「システムトレーダー」は、市場に数多く存在しています。

 

しかしながら、これにもデメリットがあります。それは、初期費用がかかってしまうという点です。というのも、システムトレーダーとして本当に成功するためには、コンピューター上に組み込んでおくトレードルールが市場で優位に働く必要があるでしょう。それを確実にするためには有料の投資ソフトを入手し、優位性を確かめる必要があります。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ


このページの先頭へ戻る