今が株を始めるチャンスです。基本的な順張りと逆張りのトレードスタイル

順張りと逆張りのトレードスタイル

トレードの手法は、「順張り」と「逆張り」の2つのタイプに大別することができます。

順張りと逆張りについて

順張りと逆張りのトレードスタイルについて

順張り(トレンドフォロー)は、株式市場ですでに人気があり、株価が上昇傾向にある銘柄を購入し、その勢いのまま値上がりしたところで売却する、というスタイルです。たとえば、最終的に株価が10%の上昇を遂げた銘柄があったとして、それを3%や5%の段階で購入できていたなら、その差分の利益を獲得することができます。現に上昇中である株価の勢いに便乗する形になりますので、うまく勢いに乗れたら短期間での利益が出るというメリットがあります。反面、株価が上昇し続けている人気銘柄は、割高になる傾向があります。天井で購入してしまうなどの可能性が高くなる点が、順張りのデメリットです。

 

一方の逆張り(カウンター)は、反対に株式市場で人気のない銘柄をあえて購入します。そうして人気が出るまで持ち続け、株価が上がったところで売却する、という投資スタイルです。不人気の銘柄は当然、安価となっているので、割安で購入することができるというのが、逆張りのメリットです。しかし逆張りは、人気のない銘柄で勝負をかけることになりますので、購入してすぐには成果が出ないというデメリットもあります。逆張りは、時間的な余裕資金的な余裕のある方、さらに精神的な余裕のある投資家の方に向いていると言えそうです。

 

以上のように、順張りと逆張り、いずれの投資スタイルも、それぞれにメリットとデメリットを兼ね備えています。どちらの手法がよいのかは、ご自身の性格から判断されるのがよいでしょう。これらのスタイルは、株式投資を始めたあとからでも切り替えることができます。まずはどちらも経験してみて、徐々に自分の投資スタイルを固めてゆくというのがベストです。単純に難易度で言えば、順張りのほうが簡単ですので、初心者の方にはこちらから試してみることをおすすめします。

★投資スタイルには「順張り」と「逆張り」がある
★順張りは上昇している株価の勢いに乗る手法
★逆張りは下降している株価が上昇トレンドに転じる時機を狙う手法

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ


このページの先頭へ戻る