今が株を始めるチャンスです。株式投資のデイトレードについて解説

デイトレードについて

デイトレードは、毎日市場が閉まる時には一切のポジションを持たない取引のことを指します。そしてそのスタイルでトレードしている人をデイトレーダーと呼びます。

デイトレードの魅力とは

デイトレード

短期間の投資をする最大の魅力は、1回の利益は少なくても、複利効果も使って加速度的に資金を増やしていくことができるという点でしょう。

短期投資の中で、最も素早い取引を行っているのがデイトレーダーです。デイトレーダーの中でも、「スキャルピング」と呼ばれる数秒、数分単位で小さな利幅を狙う売買を実践する投資家も存在します。

 

当日中に手じまうことを基本ルールとして複数回の取引を行い、小さな利益を何度も積み重ねることで、彼らは大きな利益を上げています。

 

デイトレードは、資金効率が良いというのがメリットで、資金が少ない投資家に最適の投資方法だと考えています。しかし、中長期売買と比べて依存性、ゲーム性が非常に強い取引手法ですので、コンスタントに利益を上げていくためにかなりの時間と訓練を必要とするのです。場中は板を見つめながら、一瞬先の相場の流れを読まなければなりません。これには経験やセンスが必要で、慣れていてもその精神的な疲労度は計り知れません。デイトレーダーの多くは、値動きが激しい新興市場などを主戦場としているようです。値動きが激しいほど利益が出しやすいからでしょうが、そんな世界で結果を残しているのですから、私は彼らのことをとても尊敬しています。

 

最後に、デイトレードの特長をまとめておきます。

1.当日中にポジション全てを手じまう取引形態
2.小さな利益を積み重ね、大きな利益を生み出す
3.専業トレーダーになるためには、かなりの時間と訓練が必要

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ


このページの先頭へ戻る