株価はどうやって決まるのか?

株価の決まり方

株リスク

株の取引をしたことがない方でも、「株価が上がった」もしくは「下がった」といったことは日常的に耳にしているのではないかと思います。このように、株価は常に一定の値段ではありません。こうしてアップダウンがあるからこそ、株の売買によって利益を出すことが可能になるわけですが、では、この株の値段とはどうやって決まるものなのでしょうか。

 

株の値段について

たとえば物の値段は、通常原材料や人件費、企業側がそれを売ることによって出したい利益を元に算出されて決定されますが、株の場合はどちらかといえば中古品の取引に近い部分があります。つまり、人気があって、高い値段でも買いたいと思う人が多ければ多いほど価格は上がり、人気がなくて、買いたいというよりも売りたいという人のほうが多くなれば価格は下がります。

 

株は当然、1対1での売買取引になることは滅多にありませんから、そのタイミングタイミングで競られることになり、刻一刻と株価は変動していきます。そのため、売りたい金額で売る、買いたい金額で買う、といったことが叶わない場合もあります。ただしそのあたりは指値注文といって、その値段でしか取引をしないということをはっきり意思表示して注文を出すことも可能です。

 

そのため、株価は時に「急上昇」するようにみえるときもありますが、その上昇は、小さな取引が積み重なった結果ということになります。例えば、買いたい人が違う値段で同時に買い注文を出していたとして、同じ時点で、売り注文はそのどちらよりも高い値段でしか出ていなかったとします。もし、売り注文の人が値段を下げて、買い注文を高い値段で出していた人のほうが購入したとなると、その時点で株価は下がります。つまり、単純に買いたい人が多いだけでは株価は上がらず、あくまでも取引が成立した値段に左右されます。とはいえ売り手が少なければ、その少ない株を狙って値段はつり上がる傾向にあることは確かです。貴金属の価値が高い仕組みと似ているかもしれません。当然、売り注文が高い値段で買い取られていけば、株価はどんどん上がっていきます。

このように、どんなに大きな会社で経営が安定していても、株価というのは常に変動しています。一般に売買ができる株を上場株といいますが、株式市場ではこの上場株が取引され、結果利益を得る人もいれば、損失が出る人もいる、というわけです。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ

株価の決まり方について/株初心者入門ガイド関連ページ

株式市場
株式投資のリスク
株主になる
株の歴史
証券取引所
株式上場
新興市場

このページの先頭へ戻る