株主になるとはどういうことなのでしょうか?

株主について

株リスク

株を購入すると、その会社の株主になることが出来ます。株主になると以下の3つの権利を与えられます。
  • 利益配当請求権:保有株に見合った配当をもらう権利
  • 議決権:会社の経営に口出しが出来る権利
  • 残余財産分配請求権:倒産時に残った財産を貰う権利

権利と株主の役割について

この中で特に重要となるのは議決権です。議決権は、会社の方針に口を出すことが出来る権利が与えられるのですが、その会社の株を1株買ったからといって、会社の方針を変えるくらいの権限があるわけではありません。発言力の強さというものは、持ち株の割合によって変わってきます。会社の株の51%を1人の株主が保有しており、残りの株を数十名の株主が保有していたとします。この場合、1人がAという意見で残りの株主全員がBという意見だと、持ち株の割合によって1人のAという意見が採用されることになるのです。決定権は持ち株比率になるのです。会社の社長がいくら反対をしても、持ち株比率が51%の方がAと言えばAの意見が採用されるのです。

 

株主というものは、その会社の株をたくさん持っていても、その会社で業務をしなければならないということはありません。自宅で1日ゴロゴロしていても、遊びに出かけていても、株の保有率が高ければその方の影響力が強くなるのです。しかし日本の場合は、たくさん株をもっていれば権限があるというわけではありません。お金でものごとを決めてしまうようなことはモラル違反だと考えるようになっているからなのです。法律的には問題のないことであっても、会社を動かすのは人の力ですので、その多くの人たちの反感を買うことは言うまでもないでしょう。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ


このページの先頭へ戻る