証券取引所ってどこにある?

証券取引所

証券取引所

証券取引所とは、NHKニュースの最後に、株式相場が流されますが、表示は東京、ニューヨーク、ロンドンとなっています。この3か所は世界3大取引所と呼ばれ、多くの株が売買されています。

 

 

各地にある証券取引所

日本だけでも他に、大阪など大きな取引所は計5か所ありますし、世界各国を見れば、多数の証券取引所が存在しています。国内に関して言えば、東京、大阪は、東証、大証という略称で呼ばれるほど、大手でなじみ深い取引所となっており、これに名古屋=名証を合わせて、国内3大取引所と呼ばれています。

 

また東証一部という表現を耳にすることがあると思いますが、東京、大阪、名古屋は一部、二部に取引所が分かれており、この2つは上場の審査基準が違います。一般的に一部上場企業の方が、厳しい審査を潜り抜けているため、社会的知名度が高く信用も高いケースが多いです。就職した時に、自慢できる企業と言った所でしょうか。いわゆるネームバリューのある会社が多いです。

 

但し株式公開にはデメリットもあるため、超有名企業でも上場していない企業は珍しくありません。この3大市場の他に、国内では札幌、福岡が大手ですが、主に地方の取引を相手にしていると言っていいでしょう。地元企業が多いようです。21世紀に入って、新興企業向けにジャスダックという取引所が加わりました。ジャスダックは日本の主要都市に拠点を置いています。

 

しかし、取引所や株売買は証券取引所の場所で選ぶのではなく、取引所に属する企業をよく見ることが1番大事です。いわゆる名のある企業の株を長く保有していたいと思う場合は、東証一部を参考にするとよいですし、今どんな企業が伸びてきているか知りたい場合はジャスダックの取引状況を注意するなど目的に合わせて取引所を選びましょう。

 

どの取引所の会社が良いということはありません。前述したように上場していない優良企業も多くあり、その取引所に属しているかは、あくまで会社の特徴であって、取引所自体の大小は株を売買する人間にはほぼ無関係です。株を売買する場合は、企業の状況を考えていればよいですが、取引時間など条件は各取引所によって異なりますので、その点は気を付けましょう。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ

証券取引所について/株初心者入門ガイド関連ページ

株式市場
株式投資のリスク
株価の決まり方
株主になる
株の歴史
株式上場
新興市場

このページの先頭へ戻る