株式投資はいつごろから始まったのか?

株の歴史について

株の歴史

株式の歴史は、17世紀のオランダで始まりました。その頃は「大航海時代」と呼ばれ、船を使った貿易が頻繁に行われていました。そして貿易に必要な船をつくるための費用を集める方法として株が使われるようになったのです。また株を発行することで、船の沈没や海賊による被害のリスクと貿易による利益を分散することができるようになりました。オランダの東インド会社は、1602年に世界で初めて株を発行して、投資家からお金を集めることに成功しました。

 

株券、株主総会の始り

株式を購入した人は、貿易ででた利益を出資の割合に応じて受け取ることができる一方で、海賊や沈没による被害を、出資の割合で引き受けることとなりました。

 

オランダ東インド会社が利益を出すことができると考えた投資家が同社に出資をして、出資を受けた証明として証明書を発行しました。この証明書が、いわゆる株式(株券)です。オランダ東インド会社は、この証明書に対して利益の配分を約束し、その割合は出資金の割合に準じることとしました。すなわち多く出資すれば、多くの配分が得られたのです。

 

そして出資者が多くなるに連れて、意見の相違が出でくるようになりました。船や設備、そして行き先などに関することです。それを解決するためにオランダ東インド会社は、出資者を集めた会議を開催したのです。これがいわゆる「株主総会」の始まりです。この株主総会で過半数の同意を得た意見に従って、事業が行われていきました。

 

現在の会社の運営は、この頃とは少し違います。問題などが起こるたびに、出資者を集めて会議を開催するのは非効率です。それを解決するために、出資者は取締役を指名して、その人物に経営を任せます。そして出資者は年に1回、会議で取締役を評価します。これが現在の株主総会です。

 

株式市場の始まり

株式会社の概念ができた当初は、航海ごとに出資者を募集してお金を集めて、その航海が終わった時点で、出資者に利益を分配していました。しかし1回毎にそれを行うのは非効率です。そこで1回の航海ででた利益を次の航海の資金に当てて、次の航海で更なる利益を得ることができるようにしました。現代の会社に置き換えると、出資者に割り当てる利益が「配当金」となり、次の航海に充てる資金が「内部留保」になります。

 

この仕組にしたことで株を持っている出資者は、その度ごとには、元金を返してもらえなくなりました。その不便さを解決するために生み出されたのが、「株式市場」です。株を現金にしたい投資家は、株式市場で株を売買できるようになりました。そして儲かっている会社の株式は、当然人気が出ますので、その結果株価があがることになりました。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ

株の歴史について/株初心者入門ガイド関連ページ

株式市場
株式投資のリスク
株価の決まり方
株主になる
証券取引所
株式上場
新興市場

このページの先頭へ戻る