インターネットを利用して自宅で株の売買が可能

インターネット証券(オンライン証券)の人気の理由

インターネット証券

今、日本の個人投資家の約8割が、インターネット証券を利用して株の取引を行っているといわれています。2003年ごろは、まだ100〜150万ほどだったネット証券の口座数は、今では500万を超えるとされているように、ネット証券はその利用者数をどんどんと増やしているのです。インターネット証券の人気には、「時間の自由がきく」「使い勝手がいい」など色々なことが考えられますが、恐らく

                       最も大きな理由は、その“手数料”の安さでしょう。

 

手数料がお得

一般的に、(値段は会社によっても異なりますが)証券会社の窓口や電話を通して株取引を行う場合には、 “売買手数料” として数千円から1万円ほどの費用がかかります。ですが、インターネット証券を活用すれば、その手数料を数百円程度に抑えることができるのです。

 

仮に、手数料が「電話なら3000円」、「ネットなら300円」だったとしましょう。その条件で取引を10回したとすれば、3000円×10=3万円、300円×10=3000円というように、手数料の支払額だけで2万7000円という大きな差が生まれてしまうわけです。

 

窓口や電話を通して注文することには、証券会社のスタッフから、有益な情報を得たり、銘柄選びや売買のタイミングについてアドバイス受けたりすることができる、というメリットがあります。しかし、いくらプロの意見だからといって、証券会社のアドバイスに従うことばかりが最善策とはいえません。株の価格は、様々な要因によって変動しますから、証券会社の判断通りに株の値が動くとは限らないのです。

 

ネット証券には、窓口や電話で取引をするときのような手厚いサポートはついていませんが、先述のとおり「証券会社の言うとおりに投資をすれば損をしない」という保障もないわけですから、このことが株取引おいて大きなデメリットになるとは必ずしもいえません。

 

ゆえに、多くの利用者は、(証券会社のアドバイス以上に)手数料の安さによりメリットを感じ、ネット証券での取引を選択しているものと考えられます。

 

結局のところ、投資は自己責任で行うもの!

 

ならば、ネット証券の方が安くて便利で効率的、というわけです。自分で判断しながら売買をしていくなかでは、損を出してしまうこともあるでしょう。ですが、自分の判断が招いた損失ならば受け入れられますし、それを乗り越えられれば自信にも繋がります。ですが、これが仮に、人に勧められた株で出した損失だとしたら、腹も立つでしょうし、やりきれませんよね。

 

株は勉強すれば分かってきます。また、株取引を始めることで社会を見る目も広がります。自分を信じて、インターネットでの株取引を始めてみませんか?

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ

インターネット証券(オンライン証券)について/株初心者入門ガイド関連ページ

証券会社の口座を作る方法
子供の証券口座開設
未成年向け証券口座

このページの先頭へ戻る