子供の口座を作ることのできる証券会社

子供でも証券口座を開設することができます

子供の証券会社口座

勉強の一環として、小さな頃からお金に触れているという環境自体珍しくなくなってきました。ですが、未成年者である子供が、株式の口座を開設する事ができるのでしょうか。法律上の解釈から言えば、親権者の同意があれば、株式の取引は可能という事になっています。その為、法律の解釈から言えば、子供が証券口座の開設も可能というわけですが、証券会社が未成年者の口座開設についてどのように対応しているかによって、取引に有無が異なってきます。
そこで、証券会社に目を向けてみると、やはり、未成年者で口座の開設を許可している証券会社は非常に少ないというようです。その中でも、ネット専業の証券会社については、未成年者でも口座を開設出来る所が多く存在しています。

 

マネックス証券、SBI証券、松井証券は子供口座開設可能

マネックス証券

マックス証券では、未成年者の口座開設時に親権者の口座開設が不要となっています。
その為、あまり手間がかからず、口座を開設する事が出来ます。

マネックス証券口座詳細

 

SBI証券

未成年者の口座開設をする場合、親権者も口座開設をしなくてはなりません。未成年者が口座開設をするのと同時に申し込むことが可能です。
また、年齢が15歳以上の未成年の場合は、取引主体を本人にする事が出来ます。

SBI証券口座詳細

 

松井証券

松井証券では、未成年者に口座を開設させたい場合は、先に親権者が口座の開設をしなくてはなりません。
親権者が口座を開設する事ができたら、ネット上で子供の口座解説の手続きをする事が出来ます。

松井証券口座詳細

 

本人名義の銀行口座も用意

子供の証券会社口座

株取引をする際には、本人名義の銀行口座の開設もしなければなりません。その理由として、株の売買を行う際に、本人の口座から振り込まなければならない為です。さらに、取引する上で様々な制限がかせられます。特に、先物取引や信用取引など、ハイリスクを伴ってしまう取引はする事ができません。

 

各証券会社で細かい条件が違うので注意

子供の証券会社口座

ここにあげた会社は、財産の管理を親権者が行うという条件であれば、未成年者でも口座の開設ができるのですが、何よりも特徴的なのは、0歳児の赤ちゃんの段階から口座が持てるというのです。
ただしこれには条件をかしている証券会社があります。SBI証券と松井証券では、未成年者が口座を開設する場合は、親権者も口座の開設が条件となっています。また口座を開設するための書類のみならず、親権者による同意書の提示が求められますので、親と子供で別々の印鑑を用意しなければなりません。

 

ふと疑問が湧いてきます。子供は本当に口座を持っているのでしょうか?

子供の証券会社口座

実際に調べてみると、マネックス証券で口座を開設している小中学生はなんと2300人もいるそうです。
もちろん、このうち、純粋に子供に株を学ばせたく口座を持たせているという人もいれば、単純に親自身がIPOの確率をあげたいがゆえに子供の名義を借りているという場合もあると思います。
ですが、もし、子供地震に株について小さなうちから学ばせているという事ならば、将来的にかなり熟練した投資家になる事は間違いありません。

 

貴重な経験のための口座開設

中には、途中で株をやめてしまうという事も出てくるでしょうが、株式投資をきっかけに経済に目を向けて興味を持つという方向へ向かえば、子供にとっても良き勉強になることでしょう。実際に、投資という方法を通して、小さな頃から経済に目を向けるという習慣をつける事で、将来的にビジネスや経済に持って欲しいと願う親が、口座を開設しているケースも多いようです。

 

子供の証券会社口座株主優待

また、株主優待というのも、1つの楽しみにもなります。
例えば、お子様なら誰もが愛しているマクドナルドの株を買ったとします。すると、年に2回株主優待が送られてくる訳です。また、東映アニメーションやオリエンタルランド(ディズニーランドを運営している)なども株主優待があります。株式投資をする事で、子供がお金の動きに注目をし、経済の仕組みを株を通して理解する。社会勉強の1つとして、少額な取引を子供に経験させてみるのも、良い経験の1つなのかもしれません。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ

子供の証券口座を開設する/株初心者入門ガイド関連ページ

証券会社の口座を作る方法
インターネット証券
未成年向け証券口座

このページの先頭へ戻る