証券会社が果たす役割とは

証券会社の役割とは何なのか

証券会社について

証券会社は、株式の投資に必要な手続きなどのサポートを行い、株式投資を成立させている会社です。証券会社は、証券取引法で定められた機関のみが業務を行うことが出来ます。証券会社で行っている主な業務は、委託売買自己売買引受募集売出といったことです。株式の投資を行いたいと個人が思っていても、直接証券取引所には注文をすることが出来ませんので、株式の投資を行う際には、その手続きを行うことが出来る証券会社を利用しなければならないのです。証券会社では、個人の投資家から注文を集め、それを証券取引所へと取り次ぐことが出来るのです。

 

証券会社の主な業務内容

 

委託売買業務について

委託売買業務は、投資家の方が売り買いをしたいと思っている株式の注文を受け、証券取引所へと取り次ぐという業務です。証券会社は、投資家と証券取引所の仲介役となることで、手数料を受け取って利益としているのです。

 

自己売買業務について

自己売買業務は、証券会社自身の資産で株の売買を行う業務です。証券会社は、投資家と証券取引所の仲介をすることで、その業界についての知識も豊富であることから、それを生かして証券会社自身も一投資家として株式や債券の売買を行っているのです。ただ、証券会社はその業界のいわゆるプロでありますので、個人投資家の利益を害さないような規制が設けられています。

 

引受業務について

引受業務は、企業が新しく発行した株式や債券を、企業に代わって投資家たちに販売するという業務です。多くの投資家たちが集まる証券会社で株式や債券の発行を行うのは、企業側にとってもプラスになることが多いのです。

 

募集・売出業務について

募集・売出業務は、企業が公募で増資を行う場合に、企業の新株や債券を引き受けて、多くの投資家に購入してもらえるように促すのが業務内容となります。

証券会社について/株初心者入門ガイド記事一覧

証券会社は日本の中にはかなりの数存在しています。銀行などの金融機関と同じく、自分のスタイルややり方、得られるメリットなど重要視するポイントを押さえて証券会社を選ぶべきでしょう。もちろんどの証券会社なら儲かりやすいというものはありませんが、きっちり選んでいけば手数料の大小やシステムの利便性、ものによってはポイント還元などサービス内容はたくさんあるので、差別できるところはたくさんあります。証券会社が決...
今、日本の個人投資家の約8割が、インターネット証券を利用して株の取引を行っているといわれています。2003年ごろは、まだ100〜150万ほどだったネット証券の口座数は、今では500万を超えるとされているように、ネット証券はその利用者数をどんどんと増やしているのです。インターネット証券の人気には、「時間の自由がきく」「使い勝手がいい」など色々なことが考えられますが、恐らく              ...
勉強の一環として、小さな頃からお金に触れているという環境自体珍しくなくなってきました。ですが、未成年者である子供が、株式の口座を開設する事ができるのでしょうか。法律上の解釈から言えば、親権者の同意があれば、株式の取引は可能という事になっています。その為、法律の解釈から言えば、子供が証券口座の開設も可能というわけですが、証券会社が未成年者の口座開設についてどのように対応しているかによって、取引に有無...
昨今では、未成年者による「株式投資」も徐々に認知されつつあります。ここではそのような未成年者で「株式投資」に興味のある方に向けての、証券会社の選び方について解説していきます。日本の学校現場ではお金について学ぶ時間はほとんど作られていません。教育現場ではご存知のように基礎学力として国語や数学などの教科が中心です。ですから、お金について学生でありながら、よく知っているという人はほとんど無いのが現状です...

このページの先頭へ戻る