NISAから株式投資始めませんか?

NISA口座証券会社別詳細

NISA口座の特徴や開設方法などを証券会社別に紹介

2014年の1月1日に証券税率が変わります。ですから現在、そのことに対策をしているNISAが多くの方から興味をもたれています。多くの証券会社ではNISAを扱っているところが増加傾向にあり、証券会社の業界の中でも有数のマネックス証券はNISAの導入を他社よりも早い段階で行ってきました。マネックス証券の取り組みの特徴として、NISA専用のホームページを作成しております。このことからNISAに対してとて...
2014年からNISAが開始されます。これに対して各々の証券会社は対応をしようと準備をしています。そのなかのSBI証券もNISA用の口座を開設することが可能です。NISAの内容を説明しますと、「年間100万円までは証券税率がかからない」というものです。2014年になると以前とは取引方法が変わります。ですから証券税率軽減が撤廃されてしましますから、今後NISAを活用したいものです。その結果NISAを...
日本版ISA「NISA」のスタートに向けて、各証券会社ともさまざまなサービスを発表してきています。三菱UFJフィナンシャルグループのネット証券部門であるカブドットコム証券でも、NISA口座の開設申し込み受付を2013年6月に開始しており、同時に申し込み者を対象としたキャンペーンも行なっています。2013年7月現在カブドットコム証券で、NISA口座開設を対象に行なわれているキャンペーンは、「500円...
歴史と実績、信頼のある証券会社といえば松井証券です。松井証券でもNISA口座の先行予約が開始されていて、HPから申し込むことができるようになっています。松井証券のメリットは多岐に渡っていますが、NISA口座開設にあたって直接関わってくるものをあげるとすると、手数料のお得さになると思います。ある程度上級のトレーダーになってくると、手数料のやりくりも状況がかわってくる場合もありますが、初心者の方、それ...
ライブスター証券といえば、第3者機関によるランキングで、費用の安さを重視するという項目でトップにランクインした実績があることからもわかる通り、取引にかかる手数料が安い、ということが特長です。通常の手数料を他社と比較すると軒並み安いのはもちろん、「手数料無料」のキャンペーンが行なわれていることもあるのでHPをチェックしてみてください。手数料も取引1件分をみれば数百円とたいしたことがないように思われる...
GMOクリック証券では、2014年1月よりNISAが始まることを視野に入れ、投資家の新しい意向を汲みNISA口座開設のために着々と準備を進めています。GMOクリック証券は、数多くある証券会社の中でも手数料の価格が格段に安いという点が業界の中でも有名です。そのため、取引にかかるコストをなるべく抑えることができるという点でも評価されています。また、後期の取引ツールは非常に使いやすく、分析ツールや投資情...
投資家の人たちが注目しているのが、2014年1月より証券税率の軽減が終了することに伴いNISA制度が始まることではないでしょうか。NISA口座の利用により、年間100万円までは証券税率が0というわけですから、話題が集まるのは必須です。但し、NISA口座は1人1口座のみ開設できるというルールがあります。ですから、何より自分自身に合った証券会社の選択が重要になってくると言えるでしょう。楽天証券はNIS...

このページの先頭へ戻る