年間100万円以下の株式投資はなんと非課税に!

さぁNISAが始まりました!口座は銀行か証券会社か?

株式投資

日本語では少額非課税制度と言い、2014年にスタートするとして話題になっています。
現在様々なメディアで話題になっているのであなたもどこかで一度は目にしたことがあるでしょう。
このNISAですがひとつ気をつけておかないといけないことがあります。
それは口座を一度開設すると、なんと4年も他の期間に移せないという、まるで携帯電話の乗り換え禁止制度みたいなルールがあることです。
このため、各社が非常に巨額の広告費を用いて自社のサービスを使ってもらおうと争い合っているのです。
さて、NISAの開設は銀行と証券会社、どちらかから選べるのですが、我々は一体どちらから選べば良いのでしょうか。

 

証券会社は投資の選択肢が豊富

証券会社はお客さんの株やFXの取引の手数料で利益を上げている事業形態です。
なのでそれらで積極的に売買するお客さんをターゲットにしたサービスをNISAでも展開しています。
現在はNISAのブームから初めて投資に挑もうという方を見込んで充実したキャンペーンを用意している会社が多いので、それを目当てにしたら良いでしょう。銀行よりも柔軟で目を引くようなサービスが売りになっています。

 

銀行は安心堅実なのが売り

銀行とは街にある普通の銀行だけではなく、ネット銀行やゆうちょのことも指します。
証券会社よりもNISA口座開設のルールが厳しくサービスも華がない傾向にありますが、株式やFXなどに興味がなければ使い慣れた銀行で気軽に開設できるでしょう。手数料などもこちらの方が安い傾向が見受けられます。特に証券会社はうさんくさい、いつ潰れるか分からないと思っている方がまだまだ多いのでそういう方におすすめです。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ


このページの先頭へ戻る