一度口座ほ開くと他の証券会社に移動できない?NISA口座の特殊性

NISA口座の移動について

NISA口座の移動について

NISAは投資会社の販売やアドバイス等のサービスや姿勢に不満を感じたとしても、少なくとも5年間は他の投資会社の口座に移行する事は出来ません。口座を開く際にはISAの専用口座は1投資家1口座に限られていいます、例え、始めに口座を作った所ではなく、別の所で作ろうと思っても投資家はそれを5年間は実行する事ができない状態に甘んじるしかないのです。

 

 

NISA口座の課題

でも、5年はちょっと…っていう要望も出てるんですよ? 口座移動の柔軟化を求める要望を、金融庁が税制改正要望案の中に盛り込み、今年の夏には政府に提出する方針を固めています。これが実現すれば4年間は短縮されて1年だけの待機期間となり、2014年から口座の移動が軟化して自由となるのです。

 

ただ、少し厄介な手順を踏まなければならないのも事実で、口座を変更する場合は投資資産を現金に変えてから別の証券会社などで新しく投資等の取引を始めなければなりません。要はポータビリティのような役割を果たしてくれるイメージではなく、別々金融機関の口座と口座の間を投資した資産が移動を出来ないという事です。

 

また、証券会社や銀行の取り決めで定める専用投信を商品として、主に販売していく方針が固まり始めています。この事も、資産を一度現金化して口座を変更する際の要因の一つになっています。

 

現状の制度では、一人に付き1口の口座に限られてしまっている為。5年もの間は口座の変更ができないのです口座獲得競争が過熱すれば間違いなく、辛いものになるでしょう。願わくば今回の措置で、制度上の過熱がいい方向に冷やされれば、さらに期待できるでしょうし、効果的にもプラスになるのでしょう。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ


このページの先頭へ戻る