2014年の導入に向けてNISA口座の予約

日本版ISA NISA口座の予約

NISA口座の予約

2014年1月の日本版ISAのスタートを控え、各証券会社や銀行では2013年3月末、ついに日本版ISA口座の開設予約の受付を開始しました。制度開始までのカウントダウン状態に入った、というところですね。とはいえ、現在のところは口座開設の予約を申し込めるに過ぎません。つまり、「口座開設の申込書ができあがったら送ってください」という、送付予約の申し込み段階なのです。実際に日本版ISA口座の開設を申し込めるのは、半年も先の2013年10月からです。

 

加熱する金融機関の顧客獲得競争

まだ詳細も詰められていない半年も前から、このような予約申し込みを受付け始めたということは、金融機関側にしてみれば、それだけ早めに顧客を囲い込んでしまいたいということです。なぜ金融機関は顧客獲得に注力しているのでしょうか。それは、日本版ISAでは、一人につき一つの口座しか持てない上に、開設した口座は4年間はほかの金融機関に移すことができないため、最初の金融機関で運用を続ける必要があるからです。これでは、金融機関が顧客の獲得に早くからしのぎを削るのも納得です。逆に、投資家側も、どの金融機関で口座を開くのが一番有利か、慎重に見極める必要があります。

 

比較検討する材料として、各金融機関が予約申し込みをした顧客へ提供している資料やセミナーが役に立ちます。日本版ISA口座をいかに有利に使うかといった情報が満載となっています。日本版ISA口座を実際に開設できる金融機関は1カ所だけですが、予約の申し込みは何カ所へしてもかまいませんので、いくつかの金融機関から資料を取り寄せて比較してみましょう。

 

実際にその金融機関を利用して、使い勝手を試してみる方法もあります。候補としている金融機関で投資信託などを買ってみるのです。店舗に手続きに行く時間のない人でも、ネット証券であれば口座開設から取引まで、パソコンやスマートフォン、携帯電話などから簡単に行えますから、お試しとして気軽に使ってみることができます。

 

なお、ネット証券は、口座を開設するにもお金はかかりませんし、口座を作ってしまえば有用な情報も取引ツールも無料で利用することができます。日本版ISA口座の開設先を決めるまで、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ


このページの先頭へ戻る