NISA口座開設に必要なものなども紹介

NISA口座の開設方法

NISA

日本版ISA(少額投資非課税制度):「NISA」を利用するためには、NISA専用の口座が必要です。ここでは、そのNISA用の口座の開設方法についてみていきたいと思います。NISAのサービスが本格的に開始されるのは2014年1月1日から。ですが、口座開設は、それより少し前の2013年10月から始まり、証券会社や銀行などの金融機関において(2014年1月1日時点で20歳以上であれば)口座をつくることができます。

 

口座開設のルール

このNISA口座の開設にはルールがあり、「1人1口座のみ」と決められているため、複数の金融機関で幾つもNISA用の口座を持つ、ということはできません。そのため、どこで口座を開設するが非常に重要です。各金融機関のサービス(取扱商品・手数料など)を比較検討し、自分に合うところを慎重に選びましょう。

 

なお、口座を作るにあたっては必要なものがあります。「住民票の写し」です。先述のとおり、NISAの口座は1人1口座と定められているため、重複して口座を開設していないかの確認のため、提出が求められるわけです。

 

また、口座の開設方法についても、通常の場合と少し異なるシステムになるといわれており、「口座開設申込」と「実際の開設手続き」という2段階の手続きが必要になる予定だとされています。

・口座を開設する人は、はじめに、口座を開設する金融機関に「住民票の写し」と「申請書」を提出
・「住民票の写し」と「申請書」を受け取った金融機関は、それらを税務署に提出して非課税口座の重複がないことを確認
・確認が済み、税務署から(重複口座がないという)「確認書」が交付されて、ようやく晴れて口座開設の手続きができる

上記のような手順になる予定だそうです。

 

制度が本格始動するのは、まだ少し先のことですが、通常の口座開設とは少し勝手が異なりますから、どこで口座開設をするかなどについて、今からあらかじめ考えておくことをお勧めします。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ


このページの先頭へ戻る