2年目のNISAはより利用しやすくなった?

NISAを上手に利用するために2015年の変更点をチェック

NISA(少額投資非課税制度)が2014年から始まったのですが、実際に運用を行ったところ様々な問題点があったため2015年度からはいくつかの変更が行われることになりました。2年目を迎えるNISAの新たに変更された点について詳しく解説したいと思います。

 

取り扱い金融機関を変更できることになりました

NISAは2014年1月にスタートしたのですが、スタートの時点においては一度口座を開設すると利用する金融機関は2017年までは変更ができないとされていました。しかし2015年度からは取り扱い金融機関を1年に1回まで変更できることになったのです。これは「NISAに関する知識のない人が銀行などに勧誘されてNISA口座を開設したら株式の取引ができなかった」などのトラブルが多かったことが理由となっているようです。2014年にNISA口座を開設した金融機関に不満があるという人は別の金融機関に変更することを検討してみてください。ただし取り扱い金融機関の変更については注意が必要です。2015年度になってから1度でもその口座で売買を行った場合には2015年度中の金融機関の変更は認められません。既に売買を行ってしまったのであれば翌2016年度から変更が可能になります。

 

NISA口座の再開設が可能になりました

またNISA口座の再開設が可能になったことも大きなメリットだと言えます。2014年にNISAがスタートした時点においては、一度開設したNISA口座を解約して廃止してしまった場合には2017年までは最開設はできないとされていました。しかし2015年度からは一度NISA口座を解約してしまった場合であっても解約の翌年度からは再開設が可能になったのです。例えば2014年度中にNISA口座を解約してしまったという人であれば、2015年度分からNISA口座を再び開設して取引を行うことができるのです。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ


このページの先頭へ戻る