よく聞く日経平均株価とTOPIXって何?

日経平均株価とTOPIXについて

日経平均株価とTOPIXについて

株式用語というと難しく感じますが、日常生活で新聞を読むと日経平均株価TOPIXという言葉はよく出てきます。この言葉を知らなければ株式の事について理解する事が出来ませんので、この二つの言葉の意味をまずは覚えましょう。

 

 

 

日経平均株価とは?

日経平均株価というものは東証1部上場企業の中から225社の株価に注目をして除数を使った算出方法で計算します。と言ってもただ225社の平均ではなく、株式分割や、増資などの影響が出てしまいますと狂ってしまいますので、その影響が出ないように日本経済新聞社が算出します。

 

この算出方法はダウ・ジョーンズ社というアメリカ企業考案のものであり、ダウと聞くとその言葉を聞いたことがあると思いますが、アメリカのダウ平均株価で採用されている計算方法なのです。これをダウから買い取り、日本経済新聞社が算出していると言うわけです。

 

株式においては興味がある銘柄だけを見ていても全体的な株価の平均値を理解する事は出来ません。しかし、この方式で日経平均株価を見る事により、株価の上がり具合や下がり具合を日にち毎に比べてみたり、過去の数値と比べる事が出来、ここで初めて意味があるものとなるのです。しかし日経平均はその計算の特性上、株価が高い株の影響を受けやすいという特徴が出てくるので、その点には注意する必要が出てきます。

 

TOPIXとは?

次にTOPIXは東証が算出している指数です。日経平均と変わらないように思える事も多いですが、算出方法は違うものです。日経平均は特定の225銘柄の株価を基準にしていますが、TOPIXは東証1部の全銘柄の時価総額が基準です。具体的な算出方法は難しいものでもなく、現在の東証1部の全企業の時価総額の合計を1968年1月4日の東証1部の全企業の時価総額の合計で割り100をかけたものになります。
もっと簡単に言うと、1968年1月4日の東証1部の全体の株価を100とした時に、今はどれくらいの価格になっているのかと言う事になります。日経平均が東証1部の225銘柄のみを対象としている事に比べて、TOPIXは東証1部の全銘柄の動きを反映しているので日経平均よりTOPIXの方が正確に市場の動きを反映する事になります。したがって、株式投資の上級者は、日経平均よりもTOPIXを見る事が多いです。株式投資の上級者はTOPIXよりパフォーマンスが良い場合は成功と判断をして、悪い場合には失敗と判断する事になります。

 

この日経平均とTOPIXの違いは株式をする上では覚えておいて損はない事なので覚えておくようにしましょう。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ

日経平均株価とTOPIXについて/株初心者入門ガイド関連ページ

株価と為替の関係
株価と金利の関係
会社四季報
PER(株価収益率)
JPX-NIKKEI400

このページの先頭へ戻る