株価と金利の大きな関係性について解説

金利が上がると株価は下がるのはなぜでしょう?

株価と金利の関係性について

金利が上がると株価は下がり、金利が下がると株価は高くなる傾向があります。この二つには、どんな関係があるのでしょう。

 

 

金利と株価の関係

まず金利が上がった時のことを考えてみます。金利が上がると、当然預貯金についてくる利息の額も増えます。そして株でもらえる配当の金額よりも、預貯金の利息のほうが高くなるなど、預貯金をしたほうがメリットが高いとなったらどうしますか。株に投資していた資金を、預貯金にまわそうとするでしょう。

 

企業側からも見てみましょう。金利が上がると、銀行から借り入れた時に支払わなくてはならない利息も上がります。利息などの支払いが多くなるということは、経営コストが増加することです。経営コストが増加すると企業の利益は減少します。そして設備投資にまわそうとしていた資金が減ってしまいます。これは個人の場合も同様です。家などの大きな買い物をする時は、ローンを組むことが多くなります。しかし金利が上昇すると、支払わなくてはならない利息も多くなるので、住宅購入をためらう人もでてきます。

 

このように金利が上昇すると、消費活動が抑制されてしまうのです。すると当然、企業の業績も悪くなり、株価も下がることになります。

 

逆の場合はどうでしょうか。金利が下がれば上記と逆で、預貯金をしていても大した利息がつかないことになりますので、手持ちの資金を株に投資したり、企業なら支払い金利が減りますので、そのことで増えた利益を設備投資に回したり、住宅ローンなどの支払利息も少なくなりますので家を購入しようとする人が出てきます。消費活動が活発になって、物が売れるようになり企業の業績は改善します。従って株価も上昇して、ますます経済も活性化することになります。株式投資をするときには、金利の動向にも注意が必要なことが、おわかりいただけたと思います。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ

株価と金利の関係性について/株初心者入門ガイド関連ページ

日経平均株価とTOPIX
株価と為替の関係
会社四季報
PER(株価収益率)
JPX-NIKKEI400

このページの先頭へ戻る