為替の動きにも注意が必要です

円高や円安、株価にも関係してくるのはなぜ?

株価と為替の関係性について

株価と為替にも、関連があります。企業の業種や業態、その他の要素によって、円高になると儲かる企業、円安になると儲かる企業があります。

 

 

 

円高と円安が与える影響

例を挙げて見てみましょう。1ドル100円だった為替レートが、90円になったとします。円高になったということです。今までアメリカで1ドルのものを100円で購入していたのが、90円で買えるようになります。原価(仕入れコスト)が下がることで、その企業は利益が増えることになります。従って輸入が多い企業は円高で儲けることができるので業績も上がり、株価も上昇します。

 

では上記のような円高になると困る企業はどんな企業かというと、それは輸出が多い企業です。分りやすいところでは、自動車産業です。円高になるということは、アメリカから見るとドル安となります。ドル安になるということは、今まで1ドルで日本では100円のものが買えたのに、円安によって1ドルで90円のものしか買えないことになります。ということは、日本で同じ100円のものを買おうとすると11ドルが必要となります。同じ事を車に例えると、いままで日本から1万ドルで輸入していた車が、1割円高になると、1万1千ドル出さないと輸入できなくなります。アメリカ側からすれば、値上げされたことと同じなので、売上が落ちてしまいます。逆に円安になると、上記の例では、アメリカから見ると同じ物が9000ドルで買えることになります。アメリカは同じ物が安く買えるようになるので、輸入を増やします。日本から見ると輸出が増えることになるのです。

 

同時に日本側から見ると、アメリカでの100ドルの売上が日本円に換算すると1ドル100円だったら100円になります。しかし10円円安になって1ドル110円になったとすると、同じ100ドルの売上が日本円では110円の売上となります。海外で同じだけ売れていたとしても、円安によって利益が増えるのです。これは輸出額が多ければ多いほど影響を受けます。トヨタは1円の円高で350億円の利益がマイナスになると言われています。

円高ドル安は輸入企業にプラス、円安ドル高は輸出企業にプラスになることを覚えておきましょう。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ

株価と為替の関係性について/株初心者入門ガイド関連ページ

日経平均株価とTOPIX
株価と金利の関係
会社四季報
PER(株価収益率)
JPX-NIKKEI400

このページの先頭へ戻る