今が株を始めるチャンスです株式投資のための情報について紹介。基本的な知識を付ければ株は怖くない!

株式投資に必要な情報

株式投資のための情報について

株式投資というのは、情報がなによりのカギとなります。情報を正しく集めることが第一です。そして、正しい情報をもとに、分析をして、予測をたてていくことが、株式投資の成功につながります。そういった意味で、株式投資についての情報を得るリソースというのも、きちんと判別していく必要があります。そういった株式投資のための情報リソースについて、厳選したものをご紹介します。こういった情報源を有効に活用することが大切です。また、ひとつの情報源にかたよらず、うまく組み合わせて、判断材料としてください。

 

有益なリソースとは?

まず、メジャーな情報源といえるのが、新聞です。新聞のなかでも、日本経済新聞は、情報源としてはとても有効です。日本経済新聞で話題にあがった銘柄というのは、日本全体で注目が集まる銘柄になるといっても、過言ではないでしょう。日本経済新聞のもっている影響力というのは、かなり大きなものなのです。とはいっても、日本経済新聞にばかり頼りすぎるようではいけません。実際、日本経済新聞で、過去に架空増資事件があったりしたのですから、やはり、他のリソースも活用して、自分で情報を精査する必要があるといえます。

 

ただしやはり日本経済新聞というのは、経済のための新聞ですから、株式投資の勉強をするとしても、いい教科書になるといえるでしょう。また、それ以外にも、金融や流通、産業などの分野に特化した新聞というのもあるのです。こういったものも、投資のリソースとしては、とてもいいものです。新聞以外のと情報リソースとして、雑誌もあります。日本で発行されている雑誌の数というのは、かなり多いのですが、たとえば、日経マネーだったり、ダイヤモンドザイだったり、こういった雑誌というのは、信用のおける情報リソースといってもいいと思います。雑誌を情報リソースとしてつかう場合は、新聞とは違って、その雑誌自体の質だったり、確実さを、自分で見極める必要があるということです。いろいろな雑誌をみくらべて、その確実さを検証するというのも有効でしょう。そういった作業のなかで、自分にあった、信用のできる情報リソースとしての雑誌を見つけていきましょう。

 

また、インターネットというのも、いまではメジャーな情報リソースとなっています。ただし、こういったインターネットの情報というのは、情報の出元があいまいだったりしますので、きちんと自分で判断することが必要です。書き込みだったり掲示板というものは、にぎわっているものを見て、大多数の温度感などを知るには、うってつけともいえます。ただし、まるまる信じてしまうようにしないように、注意しなければなりません。これ以外にも、個人投資家説明会というものもあります。ここで、経営者の話を聞くというのも、情報リソースとしては大事です。プロの分析を参考にすることもできます。参加して損はないでしょう。

株式投資のための情報について/株初心者入門ガイド記事一覧

株式用語というと難しく感じますが、日常生活で新聞を読むと日経平均株価、TOPIXという言葉はよく出てきます。この言葉を知らなければ株式の事について理解する事が出来ませんので、この二つの言葉の意味をまずは覚えましょう。日経平均株価とは?日経平均株価というものは東証1部上場企業の中から225社の株価に注目をして除数を使った算出方法で計算します。と言ってもただ225社の平均ではなく、株式分割や、増資など...
株価と為替にも、関連があります。企業の業種や業態、その他の要素によって、円高になると儲かる企業、円安になると儲かる企業があります。円高と円安が与える影響例を挙げて見てみましょう。1ドル100円だった為替レートが、90円になったとします。円高になったということです。今までアメリカで1ドルのものを100円で購入していたのが、90円で買えるようになります。原価(仕入れコスト)が下がることで、その企業は利...
金利が上がると株価は下がり、金利が下がると株価は高くなる傾向があります。この二つには、どんな関係があるのでしょう。金利と株価の関係まず金利が上がった時のことを考えてみます。金利が上がると、当然預貯金についてくる利息の額も増えます。そして株でもらえる配当の金額よりも、預貯金の利息のほうが高くなるなど、預貯金をしたほうがメリットが高いとなったらどうしますか。株に投資していた資金を、預貯金にまわそうとす...
会社四季報というのは、株式投資において、とても参考にできるものです。どういった情報が載っているかというと、会社についてのコメントや、高値か低値か判断するための株価チャート、そして、だれが株主か、どれくらいの割合かということなどについての記事、というものが載っています。便利な会社四季報また、企業について、その会社の平均賃金だったり業績だったり、配当といったものも掲載されています。会社四季報は、年に四...
PER(株価収益率)というのをご存知でしょうか?この率は株価÷一株あたりの純利益の数式で割り出されるものです。株式投資の世界ではいろいろな指標が存在しており、それらを駆使して、いかにして儲けるかというのがトレーダーの腕の見せ所といえます。PERを使いこなすには?一株1,000円と10,000円ではどちらのほうが安いかと言われると、当然1,000円なのですが、どちらが本当に儲かる株かはそれだけでは当...
これは日本の資本をより効率よく活用したり、新たに投資を始める方の増加を目的にした新しい株価指数です。もちろん国内に対してだけではなく、グローバル市場の常識に合わせ、海外からの資本を呼び込むことも目指して作られています。今までは日本の金融市場は規制が多い、改革のスピードが遅いと他の国より見劣りがするという評価を得ていました。しかし、これにより日本企業の魅力や強みは海外の投資家により意識されることにな...

このページの先頭へ戻る