株の利益「売却益」について解説

株の利益「売却益」

売却益

株が利益を生むタイミングとして、「配当が出たとき」と「買った値段より値上がりしたとき」とがあります。ここでは後者の「売却益」について詳しく解説してみましょう。

 

 

売却益とは

Aさんの会社から配当をもらったBさんは、うれしくてこの話をCさんにしました。Cさんは、Aさんの会社は今後ももっと儲かるだろうと考えて、Bさんに株を譲ってほしいとお願いしました。しかしBさんも同様にAさんの会社を評価しているので、そのお願いを断りました。

 

CさんはどうしてもAさんの会社の株がほしいので、1株200万円で売ってほしいとお願いしました。Bさんは株を1株100万円で買っていましたので、Cさんに売れば100万円儲かります。配当で定期的にお金がもらえるものの、Aさんの会社が今後ずっと利益を上げ続けるとは限りません。人気がある今のうちに一部を売ってもいいかもしれない、と考え直して、BさんはCさんに1株だけ売ってあげることにしました。

 

結果、Bさんは、100万円で買った株を200万円で売ったので、100万円儲かった計算になります。この利益を「売却益」(キャピタルゲイン)と呼びます。

 

この例は個人同士の売買でしたが、一般的には、株の売買には手数料がかかります。また、配当と同様に、利益を受け取る側は税金を払わねばなりません。手数料を引いた利益の10%(2014年1月からは20%)が税金になります。したがってBさんの売却益は、厳密には、100万円から手数料と税金を引かれた金額となります。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ

株の利益「売却益」について/株初心者入門ガイド関連ページ

株の利益「配当」
株主優待

このページの先頭へ戻る