株の利益「配当」について解説

株の利益「配当」

利益を得る

株での儲け話はよく聞きますが、では具体的に、株による利益はどのようにして発生するのでしょうか。株が利益を生むのは、「配当が出たとき」と「買った値段より値上がりしたとき」です。ここでは前者の「配当」について、詳しく解説してみましょう。

 

 

配当について

会社の経営を始めたAさんは、事業が順調に行って利益が出たので、出資してくれたBさんに、お礼として利益の一部をあげることにしました。成功するかどうかもわからなかったAさんの会社に出資してくれたのですから、この程度のお礼は当然だとAさんは考えたのです。Aさんの会社の利益は100万円。このうち事業拡大のため50万円は会社に残し、50万円を出資の比率に応じて分配することにしました。10株のうちAさん自身も5株を持っていますので、Bさんと25万円ずつを分けました。これがいわゆる「配当」です。

 

配当は、会社が儲かっている限り、受け取り続けることができます。しかし実際には、配当を出さない会社も少なくありません。これは会社の方針によるものですが、出さない会社が悪質だということではありません。配当がないことによるメリットもあるからです。

 

そのメリットは、配当を受け取るときに課せられる税金に起因します。配当を出すと、受け取る側に10%(2014年1月からは20%)の税金が課せられてしまうのです。このため、前述の例では、Aさんの会社から配当として50万円を支出しているにも関わらず、それを受け取るAさんとBさんは、45万円しか有効に使えないことになります。配当を出さなければ、Aさんの会社は利益の100万円をフル活用して、より利益を拡大するための経費に投入することができます。

 

こうしたことから、会社の成長を最優先に考えている企業では無配当とし、ある程度の成長を遂げていて株主に利益を還元すべき段階にある企業は配当を出す(または増配する)という傾向があります。たとえばIT企業は、成長率が高い会社が多いので、無配当の企業も多くなっています。

 

また、Aさんの会社は50%でしたが、実際に利益の何割が配当になるかは、企業によって異なります。

 

さらに注意したいのは、権利確定日の存在です。配当を受け取る場合には、ある特定の日付までに株を持っている必要があるのです。この権利確定日を含む4営業日前までに株を買っていないと、配当をもらうことができません。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ

株の利益「配当」について/株初心者入門ガイド関連ページ

株の利益「売却益」
株主優待

このページの先頭へ戻る