株の税率をしっかりチェック

証券取引における株の税率は、2014年から変わります

今までは軽減税率というものが適用されていて、その税率は10.147%でした。
しかし2014年からはこの軽減税率が廃止され、改正後の税率は何と20.315%と今までのほぼ2倍の税率になってしまうのです。
このことを知らなかった人は、是非今後の対策について考えておいた方が良いでしょう。

 

売却は税率改正前に行う方がお得?

株式投資

2014年になれば株の税率が上がってしまうということで、一番基本的な対策としては税率改正以前に持ち株を売却してしまうことです。
現金化して手元に置いてしまえば、利益が出た時の税率を多く取られずに済みますね。
例えば改正前の売却益が100万円であった場合、2014年の税率改正まで放っておくと、ほぼ10万円も税金として持っていかれてしまうことになるのです。
しかしこれはあくまで株価が安定しているケースに限ります。
もしも株が上昇中で、保有し続けることにより利益が大きく出ることが見込めるのであれば、無理に今売却する必要はないのです。
今自分が持っている銘柄について良く調べて、売却した方が良い銘柄と、そのタイミングを検討する必要があるということなのです。

 

非課税のNISAへの転向も考える

2014年からの株の税率改正については、以前より決まっていたものであり、急な動きではありません。
しかし緊急性がなかっただけに改正について情報を知らなかったという人もいるのではないでしょうか。
もしも現時点で初めてこのことを聞いて対応方法が分からない、という人の為に、「NISA」という制度が導入されます。
NISAとは少額非課税制度のことで、テレビCMなどで耳にしたこともある人もいるでしょう。
年間の購入代金が累計で100万円までであれば非課税となる口座のことです。
しかしなからNISAの対象は新規の投資のみとされていて、今保有している株や投資信託などをそのままNISAに引き継ぐということができないので、税率問題がすぐに解決できるというものではないのです。

 

証券会社各社のNISA口座について

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ

2014年はここが変わる、株の税率/株初心者入門ガイド関連ページ

株式投資を始めるための資金
株の売買手数料
株の利益にかかる税金
税金を節約する方法

このページの先頭へ戻る