株に関することなら何でも紹介。

身近になりつつある株式投資

株式投資コラム

株の取引は、以前ですとプロの投資家たちだけが行うものだとされていたのですが、最近では主婦学生のように生活と株とのつながりがない方までもが、株の取引を行うようになってきているのです。

 

つまり、以前よりも株というものが身近な存在になってきているのです。株の取引をされる方がここまで増えたのには、銀行の利率が下がってしまったということが理由にあるのです。銀行でお金を預けるよりも株で投資をした方が効率よく利益を作ることが出来ると考えるようになったからなのです。また、最近ではネットで気軽に株の取引が出来る、オンライントレードが普及をしたことから、株の存在が近くなったことも株の取引が普及をした理由になるでしょう。ネットの証券会社も多くなり、株の初心者にとってはなかなか証券会社を選ぶのも難しいでしょう。そんな方は、証券会社のサイトをチェックしてみて下さい。それぞれの証券会社の特徴がきちんと書かれていますので、自分にあった証券会社を見つけることが出来るでしょう。

株式投資コラム/株初心者入門ガイド記事一覧

株式を取り扱って取引を行っている人は世の中には三種類います。個人投資家・機関投資家・外国人投資家の三種類です。それぞれ市場に及ぼす影響や特徴も違いますので、それらの違いは知っておいたほうがよいでしょう。投資家が与える影響個人投資家は数も多いですが、取引の規模が個々人で行うものですので大きくありません。そのため市場に与える影響も小さいです。機関投資家は国内の銀行などの投資機関や投資信託会社、一派会社...
株の取引を行っている人には、投資をしている人と、投機をしている人の2つのタイプに分かれます。今回は、投資と投機がどのような違いがあるのかということをご説明していきたいと思います。投資と投機株の取引のことをよくギャンブルをしているという風に言われる方もおられるのですが、株はギャンブルではないのです。投資も投機もどちらもが、将来の利益を目的にして行われていることなのですが、その内容が少し違うのです。株...
始めての方にはあまりかかわりがないと思いますが、株式投資をする上では頭の片隅ぐらいには入れておいてください。「仕手株」とは、あるグループが意図的に株価を操作し利益を得ようとするために選んだ銘柄のことを指します。まず、優良企業ではなく、業績が良くないなど市場の評価を得ていない人気のない銘柄を選びます。そして、おかしな値動きをしたりして噂になってしまわないように細心の注意を払いながら、少しずつ、時間を...
大発会とは、新年最初の取引のことです。大発会は三が日が終わって、1月4日に行われますが、もし土日に当たってしまった場合には、一番最初の営業日になります。大発会では株価の動向にやや偏りがあるので、その偏りを知っておくと取引を有利にできる可能性があります。その偏りとは、株価が上がる動きが多いということです。過去20年のデータを分析した結果では、大発会で株価が下がったという事例は7回しかありません。一番...
大納会とは、一年で最後の取引を行う日です。1年の締めくくりの日ですので、気分も良い人が多いかもしれません。一年の最初の大発会と同じで大きなイベントとなります。その年に大きく活躍した著名人がゲストとして招かれて、終了の鐘を鳴らすという光景をテレビで見たことがある人も多いでしょう。この大納会には、株価の動きにある傾向があります。大納会の株価の傾向は下がる大納会の株価の傾向として、下がるというのが通説で...

このページの先頭へ戻る