株取引には値幅制限という特殊なルールがあります

投資家たちを守る値幅制限について

値幅制限について

株式市場には、投資家たちの資産を出来るだけ守るようなルールというものが設けられています。その1つが、値幅制限と呼ばれるルールです。例を紹介してこの値幅制限というものをご説明させて頂きます。

 

 

値幅制限とは

ニュースによってA社が破産手続きを始めるというような情報が流れてきたとします。この時点では、実際にA社自身が破産の発表を行っているわけではないのですが、情報がどこからか漏れて、全国的に有名な情報機関に伝わり、ニュースで紹介されてしまったのです。このような破産の情報がニュースで流れると、当然ながらA社の株を持っている方は、持っている株が紙切れとなる前に少しでも資金を回収したいと思うでしょう。破産というようなマイナスの情報が流れてしまうと、A社の株を新たに購入する人は激減しますし、逆に株を売ろうとする人が急増すると思います。

 

このような投資家たちの先走った動きによって、A社の株価は急落してしまうのです。実際にA社が破産手続きをするかどうか確証もないのに、ニュースの情報だけで、株式の市場ではこのようなことになってしまうのです。こういった事態のために、値幅制限のルールというものが設けられているのです。1日で株価が急落してしまい市場に大きな影響が出るような場合、昨日の終値から上下200円で設定をするという値幅制限を行うのです。昨日の終値が1200円であれば、売値は1000円までしか下げることが出来ません。その結果、1000円で売り注文が殺到をするのです。しかし、破産情報が出ている企業の株を購入する方はいないので、1000円に売り注文が貯まっていくようになるのです。A社の破産情報が本当であった場合は、株が売れないので困ってしまうかもしれませんが、破産情報が嘘であった際には、売る予定だった株が売れずに戻ってきますので、値幅制限で命拾いをしたということになるのです。

 

値幅制限は株価によって違ってきます。500円以上1000円未満の場合は、100円の制限値幅になります。制限値幅限界までに株価が下落してしまう状況のことをストップ安と言います。逆に制限値幅限界までに株価が上昇することをストップ高と株式市場では言っています。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ


このページの先頭へ戻る