ミニ株について解説

ミニ株について

ミニ株について

株のマーケットにおいて、ミニ株というのが存在することをご存知でしょうか。ミニ株というのは、単位株数の10分の1から、取引することができるのです。基本的には、株は、単位株数でしか売買することができません。もし、単位株数が10だったとしたら、1株だけ買うことはできないのです。でも、ミニ株であれば1株買うことができるということになります。

 

ミニ株のルール

ただし、ミニ株には、それ独特のルールがあります。それは、まず、成行注文しかできないということです。また、買値は、必ず注文した翌日のはじめに付いた値段、つまり寄り値になります。そして、ミニ株ができる証券会社というのも、限られていますし、また、同様にミニ株ができる銘柄というのも、限られています。このような制限があるのがミニ株なのです。

 

ただ、こういった制限のあるミニ株ですが、デメリットばかりではなりません。やはり、小額から始められるというのが、なによりのメリットだといえるでしょう。はじめて株を扱う人、はじめて投資する人は、大きな金額でスタートするのは、やはりリスクがあります。そうはいっても、単位株数というものがあり、なかなか小額での投資が難しいというのがあります。そういったときに、このミニ株というのはひとつの選択肢となってきました。

 

ただ、最近は、単位株数の引き下げというのもありますので、このミニ株を選ぶメリットが少なくなってきたというのも現状です。また、小額から投資ができるミニ株ですが、手数料はその都度かかりますので、手数料がかさんでしまって、損をしないように気をつけることも必要です。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ


このページの先頭へ戻る