株の売り方について解説

株の売り方

株を購入して取引を始める

株式投資は株の売買によって成り立ちますが、どちらかというと「売る」センスがより重要であるとよく言われています。株は売ることによって利益が発生します。もちろん有望株を探せる目というのも重要ですが、買うだけでは利益は出ません。もちろん、株主優待や配当を期待して株を買う場合もありますが、トレーダーは基本的に株を売って利益を生み出しているのです。

 

株の売り時とは

極論をいうと少々危なっかしい株を買ったとしても、売り時さえ間違えればそうそう大きな損失を出すこともないし、場合によっては利益を出すことが可能です。しかし、売り時ってなかなか難しいですよね。買わずに損した気分になるということはありますが、売り時を間違えると本当に損をします。一寸先は闇。次の瞬間にチャートが上を向くのか下を向くのかの判断は本当に難しいものです。チャートが上向きのときは、まだ上がるんじゃないか、下向きなら、次は反発があるのではないかと思ったりすると、「今」は売れないという風になってしまいます。

 

実際、目の前で金額表示とはいえお金が動いているとなると様々な心理が影響して身動きがとれなくなったり、冷静な判断を欠いてしまうということもあります。トレードにおいて、こういった心理や感情は非常に危ないものです。単純にギャンブル的な取引をするだけならばある程度は直感に頼っても問題ありませんが、トレードでしっかりと利益をだしていこうと考えるなら、いかに論理的に淡々とトレードしつづけられるかということが重要です。

 

とはいえ、常に冷静にというのは人間なかなか出来ないですよね。もちろん常に冷静、クールな人もいますが、利益が出たら興奮し、損をしたら頭に血が上るというのが多くの人間です。そんな人には買ったときにその後の展開をいくつか予想し、売値をあらかじめ決めておくということをお勧めします。

 

この金額を上回る損失が出たら即損切り、このラインを超えたら利食いと決めておけば、もしその後のチャートの動きがどうあっても、これは自分で決めたことだからと精神状態をコントロールすることができます。

特に初心者の人は、一瞬の値動きなどに惑わされてなかなか売り時をつかめなかったりすることも多々あるかと思います。そんな人も、まず損切りや利食いの売値をあらかじめ決めておいて、その範囲の中で自由に取引をするようにしておけば最終的にいつまでたっても売れずに損失を重ねてしまうということも避けられると思います。慣れたらよりルールを複雑化するなどしていくとより高度な取引につなげられることでしょう。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ


このページの先頭へ戻る