単位株数について解説

単位株数について

単位株数

単位株数を知っていなければ、株を買ったり売ったりということはできません。単位株数というのは、買うとき、もしくは売るときに必要となる、最小の単位のことです。たとえば、ある会社の株が、一株2000円だったとします。そうした場合、2000円あれば、その株が買えると思ってしまいがちですが、そうではないのです。この単位株数があるため、単位の数の株を買う必要があるのです。

 

単位株数とは?

たとえば、一株が2000円だったとしても、単位株数が、100株、と書いてあったりする場合には、最低でも20万円と、手数料の資本がないと、この株を購入できないということになります。こういった単位株数というのは、会社四季報だったり、ネット証券の売買の画面に掲載されています。ただし、こういった単位株数というのは、最近は、下がっていている傾向にあります。これは、個人投資家のマーケットへの参入を視野にいれた動きであるといわれています。たとえば、1000株が単位株数であったような場合、これを100株に変更したりするのです。こうなると、個人投資家でも、だいぶ株に手を出しやすくなります。1株が単位株数であれば、それこそ小学生であっても、投資ができてしまうくらいなのです。

 

東証などであれば、購入最低価格が50万円を超えるような企業に対しては、株式分割や、単位株数の引き下げを要請するということがあります。これも、最低購入金額を引き下げることによって、個人投資家が投資をしやすいようにするためです。というのも、最低購入金額が下がると、みなが株を買いやすくなります。そうすると、株の需要というのは高まります。需要が高まるということは、株の値段があがるということにつながります。そういったことも、この単位株数の流れには含まれているのです。

 

また、先ほど述べたような、単位株数の引き下げの要請というのも、株価の動きに対して影響がありますので、念頭においておくといいでしょう。というのも、最低購入価格が50万円以上の株を購入すれば、近いうちに株式分割、もしくは、単位株数の引き下げの要請があるということが見込まれます。そうすると、その株の需要があがって、株価があがるということが見込めるのです。

単位株数に対する知識を持っておくと、より有効に、株のマーケットを読み解くことができます。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ


このページの先頭へ戻る