株の信用取引について解説

株の信用取引

株を購入して取引を始める

信用取引」とは、簡単に言えば、自分への信用に基づき、所有する資金を超える株式投資をおこなうことです。具体的には、自分の資金や有価証券を担保に証券会社から借りたお金で投資をする形となります。一般的な取引である現物取引の場合、たとえば資金が100万円なら、当然100万円分の取引しかできません。しかし信用取引の場合なら、3倍の300万円分の取引ができるようになったりします。リターンもリスクも3倍となるわけです。

 

 

信用取引のルール

信用取引には、現物取引とは異なるルールがいくつかありますので、ひとつずつ紹介してゆきましょう。

 

6ヵ月以内の清算義務

信用取引は、言ってみれば「借金」ですので、返済せねばなりません。原則として6ヵ月の期限が設定されますが、現在では無期限信用取引(一般信用取引)という期限のないタイプも登場しています。ただし信用取引で借りたお金には、毎日の支払いが必要な金利が発生している点に注意してください。

 

 

信用売り(空売り)から入れる

現物取引では「買い」から入り、安く買って高く売ることが基本となっていますが、信用取引では「信用売り」から入ることができます。これはまったく発想が逆で、株価が下がればもうかるという取引です。もちろん「信用買い」も可能で、こちらは現物取引と似たような感覚です。

 

 

追証が発生することがある

追証(おいしょう)とは、追加で保証金が発生することを指します。信用取引は、その性質上、信用がなくなった場合(信用買いなら株価が下がった場合)に、担保たる保証金を口座に追加するよう要請されることがあります。株価が下がった結果、その株の担保価値も下がってしまったわけです。これに応じることができなければ、証券会社に自動的に決済されてしまいます。

以上のように、信用取引には独自のルールがあります。株の未経験者や初心者の方には、信用取引はおすすめできません。まずは現物取引から始めて、株の売買に慣れ、リスク管理ができるようになってから、信用取引を検討してみましょう。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ


このページの先頭へ戻る