チャート?ローソク足?基本から勉強していきましょう!

株をはじめるときにまず勉強するチャートの読み方について

ローソク足チャート

チャートとは一般的には数値や順位を並べて可視化したもののことを言うのですが、株でチャートというとさまざまなグラフがこれにあたります。その中でも最も重要となるのがローソク足チャートです。グラフでは棒グラフや折れ線グラフがよくしられていますが、株ではローソク足チャートが便利で広く使われています。

 

ローソク足チャートとは?

ローソク足チャートがちゃんと読めるようになると、株価の動きが年単位や月単位、日単位などの値動きが瞬時にイメージできるようになります。購入する銘柄を探す場合などに分析するスピードが格段にあがったり、株を売る場合の価格を決める助けになります。

 

まず、ローソク足チャートの理解をする前に、四本値について知っておく必要があります。四本値とは始値、高値、安値、終値の4つの値を言います。それぞれ読みは、はじめね、たかね、やすね、おわりねです。これはこれから株トレードをやっていく上で頻繁に目にする言葉です。意味としては感覚的にわかりやすい言葉かと思いますが、始値はその日の取引開始時の価格、高値は価格の最高値、安値は最低値、終値は取引終了時の価格です。

 

ローソク足チャートはこの4つの値を非常にわかりやすく可視化したものです。なんとこのチャートを発明したのは日本なのですが、今では世界各国で使われるようになりました。ちょっと親近感が沸きますよね。そして、どれほど便利で重要かということも想像できるかと思います。ローソク足チャートは縦長の長方形がいくつもならんでいて、その長方形からは上下に任意の長さの線がひかれています。その様子がローソクに似ているのでローソク足チャートと呼ばれています。

 

はじめに、そのローソク足と呼ばれる長方形には2色があります。一般的に白いものが陽線、黒いものが陰線と呼ばれます。陽線では長方形の上辺の位置が終値、下辺が始値をあらわしています。つまり、その日の取引は値上がりする形でおわったということです。陰線はその逆ということになります。次に長方形から伸びている線ですが、上の方は高値で上ひげと呼ばれ、下は安値で下ひげとなります。

このように四本値を現すローソク足がたくさん並んでいるものがローソク足チャートということになります。このチャートを見ると、ひげの長さや、ローソクの長さで安値から立ち直った銘柄なのか、何かしらの不安材料があるような銘柄なのかということもわかるようになります。

人気の証券会社総合ランキング

マネックス証券

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ


ライブスター証券

ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ


SBI証券

SBI証券


SBI証券の公式サイトへ

株の基本ローソク足チャートについて/株初心者入門ガイド関連ページ

株の売り方
株の信用取引
株の取引可能時間
単位株数
株式分割
値幅制限について
ミニ株
IPO(新規公開株)

このページの先頭へ戻る