基本的な知識を付ければ株は怖くない!

証券会社名 手数料 初心者 口コミ 総合評価 詳細
マネックス証券

マネックス証券

取引手数料 初心者向け 口コミ 4つ星 公式サイト

詳細

ライブスター証券

ライブスター証券

取引手数料 初心者向け 口コミ 4つ星 公式サイト

詳細

SBI証券

SBI証券

取引手数料 初心者向け 口コミ 4つ星

公式サイト

詳細

GMOクリック証券

GMOクリック証券

取引手数料 初心者向け 口コミ 4つ星 公式サイト

詳細

楽天証券

楽天証券

取引手数料 初心者向け 口コミ 4つ星 公式サイト

詳細

カブドットコム証券

カブドットコム証券

取引手数料 初心者向け 口コミ 3.5つ星 公式サイト

詳細

松井証券

松井証券

取引手数料 初心者向け 口コミ 3.5つ星 公式サイト

詳細

 

株式投資を始めたい方へ

 

株初心者入門

近頃ではインターネットを利用するオンライントレードも一般化してきました。株式投資を始める為の敷居が益々低くなってきたと言えるでしょう。
これから株式投資を始めてみたいという方々にも、利益を得る事が出来る機会は増えると思います。
しかし、その機会を確実にものにする為にも、株や株式投資に関わる基本的な知識をしっかりと身に付けて置く事は必須です。知識をしっかりと身に付ける為にはそれなりの時間と努力を費やす事になります。というと「めんどくさいな」「難しそうだな」っと思われるかもしれません。
確かに最初に覚えるべきことは少しありますが、基礎知識程度で十分株式投資は始めることができます。ここでは、株式投資の初心者にも分かりやすいシンプルな説明を心掛けて様々な株に関する情報を掲載していきたいと思います。堅苦しくならず、リラックスして読んでいただければ幸いです。

 

 

手数料の安さで大人気ライブスター証券

 

株式投資を行う上で常に覚えておいていただきたいこと4項目

常に覚えておくこと

株式投資を始めるにあたっては、重要事項として絶対に覚えておいて頂きたい事があります。他の株式投資解説サイトや株式投資の本などでもよくいわれていることなので、初めての方はできるだけ下記の項目に目を通すようにしてください。

 

株式投資の資金

余裕資金のみによる株式投

まずは、余裕資金のみによる株式投資を行うという事です。生活資金まで株式投資に回してしまうと、失敗する訳には行かないという思いが強くなり正しい判断が出来なくなります。何かに支払う事が決まっている資金まで投資をしていては、支払い日までに絶対に利益をこの金額まであげなければならなくなり無謀な投資方法に陥ってしまいます。株式投資は必ず余裕資金のみで行いましょう。
もちろん、借金までして投資を行う等は言語道断です。株価の値上がりが確実な場面でも返済期限前には売却しなければなりません。このような無理な投資を行っていては失敗する事が目に見えています。

 

→株式投資を始めるための軍資金

 

リスクがあることを忘れない

元本保証が一切無い

次に、株式投資には元本保証が一切無いという事です。
株式投資は、元本が保証される銀行預金や郵便貯金等とは性格が異なります。株式投資にいくら投資するかは個人の自由ですが、損を出しても補償はまったくありません。すべてが自己責任に基づくものになります。
又、株式投資に関わって世間には、嘘やデマが故意に流される事もあります。あの手この手を使って株式投資で必死に儲けようとしてくる人もいます。株式投資に関わる情報は、まずは疑ってみる事も必要です。インターネットの掲示板では、買いあおりや売りあおりも多く見受けられます。嘘や過剰な表現が当たり前に存在する場所です。騙されてしまった後では、もうどうにもならない事がほとんどです。自らの身は自らが守るしかないという事を肝に銘じておかなければなりません。

 

→リスク管理はしっかりと

 

最低限の取引ルールを頭に入れる

最低限の取引ルールを頭に入れる

株式投資を始める上で必要なルールが様々あります。
株式投資を始める前から身に付けておく事が無駄な投資資金の減少を抑えるために非常に大事になります。実践で慣れていくことは大切ですが、何もわからない状態で始めることは止めましょう。取引ルールや様々な株式投資に関する基本的な知識などは取引開始前に目を通しておきましょう。
また、株の値動きは社会情勢などに敏感に反応することが多々あります。初めて接する情報があれば、しっかりとチェックして様々なことに関心を持つようにしましょう。

 

→株式投資を始めるために

 

目標を立てた株式投資

目標を立てた株式投資

株式投資に対する目的や心構えをはっきりとさせておく事も大切です。目的は当然、株式投資で利益を上げて自身の資産を増やす事が大前提となりますが、それだけではなくて、株式投資を行う上での目標となるビジョンを持って置くべきだという事です。
単純に資産を増やしたい方や、預貯金では低利息過ぎて意味がないので安全性を確保しながらも、もう少し高利率で運用したい方、利益を大きくあげて住宅資金までつくりたいという方等々目標は人それぞれでしょう。それぞれの目標に適合した投資方法を選択する必要があります。

 

→様々なトレードスタイルを知る

 

まずはローリスクな株式投資から始めましょう

ローリスクな株式投資から始めよう

必要以上のリスクをとることは避けなければなりません。投資経験が少ない方は、なるべく安全な投資方法を選びましょう。初めからハイリターンを求めてはいけません。余裕資金が少ない方も同様です。自身の投資目的に合った投資方法を選択すべきです。ゆっくり階段を上がっていくように無理のない株式投資を心がけましょう。
以上のことを常に頭の片隅に置いて、株式投資を行うようにすることをおすすめします。

NISA口座開設

TVなどでよく目にするNISAとは何か?簡単にいえば株式などへの投資から得た売却益や配当にかかる税金が免除される制度のことです。ただし、この制度の利用にあたっては様々なルールがあります。
このコーナーでは初心者の方でも始めやすいNISAについての解説や最新情報をお伝えしていきたいと思います。NISA口座の利用をお考えの人はもちろん、すでにご利用の方も是非チェックしてみてください。まずは最新ニュースをどうぞ!

NISAニュース

NISAの上限が増える?

100万円まで非課税のNISAが200万円までになる?注目のニュース

 

18歳未満の子どももNISA口座開設

子どもNISAって子どもが株取引するの?子ども名義のNISA口座開設で何がかわるのか?

 

NISAの始め方

NISAを利用するには、新たにNISA用の口座をつくる必要があるため、すでに、多くの証券会社や銀行が新規の顧客獲得に向けた色々な取り組みを始めるなど、早くも活気づきいきています。株価が一気に回復し、株式投資が話題を集めている中でスタートする新制度「NISA」、大注目です。

  • 1人1口座のみ、NISA用の口座が必要
  • 1年間の投資額の上限は100万円
  • 最大5年間利用できる

    (100万円×5年で最大500万円の投資が可能)

NISAについての基礎知識

NISAについて NISA口座の予約 NISA口座の開設方法 NISA口座の移動 NISA普及率(半年経過)

 

新たに導入された非課税制度NISA

日本版ISA(小額投資非課税制度)の愛称が決まりました。ISAに日本のNをつけて「NISA」とのこと。親しみやすい名前ですね。この新しい非課税制度NISAについて詳しく紹介していきたいと思います。NISA専用口座は通常の株式投資の口座とは取り扱いが違う点が少しあるので注意しましょう。

 

そもそもISAは、イギリス発祥の制度

NISA口座開設

日本においては認知度が低く、ISAという言葉をこれまで聞いたことがなかったという方も多いのではと思いますが、イギリスでは非常によく知られており利用者も多い制度です。
ISAは、イギリスの金融市場では重要な位置を占めており、利用者からの評判も良いものなので、日本でも日本版ISA「NISA」が益々の市場の活性化に一役買ってくれることを期待したいですね。


このページの先頭へ戻る